単焦点レンズ

数年まえに購入したロングセラーEFレンズ「EF50mm F1.8 II」。

レンズ沼の入り口とまでいわれるキャノンの傑作レンズ。当時、単焦点レンズが欲しくてヨドバシポイントが余っていたので購入。
買ったその日にいつもは一人で絶対入らない喫茶店に入り、コーヒーカップやら砂糖入れを撮ってそのボケ具合に感動しました。

望遠機能がないので自分で近づいたり離れたりしながら楽しんだ思いで。
そうかといって、最近はあまりカメラに触ることもなくほったらかし。

そこへたまさんがやってきて久しぶりに撮影。
単焦点レンズのボケ具合は、普通の猫さんを芸術品のように引き立てます。
たまさん

そのレンズ。
先日、夜中にゴトっと音がしたと思ったら、たまさんが棚から落としてしまいました。
レンズはジョイントが壊れてしまいフォーカスができなくなりました。

修理に出そうか買い替えようかと考えていたら、みつけました。

EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM
レンズ

従来機種よりも静かなAF駆動の実現に加えて操作性が向上
ギアタイプのステッピングモーター(STM)を採用することにより、従来機種と比べて静かなAF駆動を達成。加えて、AFでの合焦後にAFモードのままマニュアルフォーカスを可能とするフルタイムマニュアルフォーカス※機構も搭載。また、35cmの最短撮影距離と0.21倍の最大撮影倍率を実現しており、従来機種よりクローズアップした撮影が可能になるなど、映像表現の幅を広げ、操作性の向上も実現。(アマゾンより)

価格は従来機より1.5倍と高くはなっていますが、購入者のレビューを拝見すると従来機よりよくなっていると。
以前のモデルの不満点は、そのボケ具合活かしたいがために接写をしようとしますが、あまり寄れない。

今度のモデルはそれを克服して10センチぐらい寄れるようになったとのこと。
内部機構も改善されよいらしい。

今回もまたまた楽天ポイントが余っていたので購入。

これでまたカメラ熱が復活すればと楽しみです。
スポンサーサイト

レンズ買ったよ

先日、ヨドバシのポイントがたまってるのに気がついたがよ。

テレビを交換するほどもないし、現金の変えるような代物もないしなぁ・・。

で、前々から欲しかったものがあったあった。

一眼レフのレンズ。

広角レンズとか望遠レンズはさすがに高くて手が出ないけど、それを活かす腕も場面もないし。

一眼レフカメラといえば、やっぱり「後ろボケ」の画像やんか。少々被写体がおかしくてもプロっぱい写真が撮れる。

そこで、その筋では有名な、別名「レンズ沼の入り口」、「Canonの策略傑作」と言われる・・・。

Canon EF50F1.8 2

交換しました。
画像 001

外観は少しチープな感も否めません。オートフォーカスもジーコジーコと反応が遅い。
けど、その画力と後ろボケの画像は、おもしろい!

適当に撮っても、ちょっとセミプロのような画像が撮れるで。
画像 003

たこ焼きもおいしそうやろ
画像 058

画像 060

これで外にでるのが楽しみになりました
画像 063

万博公園チューリップ

先日の万博公園チューリップ散策の写真です。

きれいに咲いてましたよ。
IMGP1326.jpg
IMGP1350.jpg
IMGP1369.jpg

ぶらぶら写真

先日、友人とぶらぶら散歩しながら撮った写真などを載せてみます。

まずは

万博公園内にある「大阪民族博物館」。

通称「みんぱく」です。

IMG_4116.jpg

IMG_4112.jpg

IMG_4100.jpg

IMG_4113.jpg

IMG_4123.jpg

みんぱく」は、数百円で世界の民族資料をたくさんみれます。

ルール的にはもちろん触ってはいけないのでしょうが、特に張り紙などしてないところを見ると、少しぐらい触れることもできます。

以前紹介した「銃・病原菌・鉄」などを読んでから来館されると、面白さが倍増されることでしょう。
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
(2000/10/02)
ジャレド ダイアモンド

商品詳細を見る


展示資料だけで数千点にもおよび、世界各地の文化、民族資料を堪能できること間違いありません。


そとにでて、ぶらぶら「紫陽花」観賞です。

IMG_4135.jpg

IMG_4138.jpg

IMG_4141.jpg

IMG_4159.jpg


加工1

久しぶりのストレス発散になりました

桜花賞のときのやつ

先日の桜花賞に行ったときのやつです。

まずは7年連続、同じ場所で記念撮影です
IMG_1715.jpg
写真と撮っていると、後ろからおばちゃんが声掛けてきました。
兄ちゃんよかったなあ。今年は桜が散らずに待っててくれたなあ」。なんだか幸せな気分になりました。

そこから入場門にむかいます
IMG_3325.jpg
昨年はブエナビスタやレッドデザイアなんてスーパーホースがいたので、沢山の人出でしたが今年はそこそこの出入りです。
場内に入って、競馬好きなおっさんが待つ「Sラウンジ」を目指します。
初めて入ったのですが、さすがにいいとこ。馬主席と同じ造りらしく、周りのお客さんも静かでリッチムード満点でしたww。ビールを飲みながら観戦。
IMG_1770.jpg


これ、リッチビュー撮影ww
IMG_1745.jpg

IMG_1753.jpg

IMG_1759.jpg

IMG_3330.jpg

馬券は散々でしたが、楽しい一日でしたw
IMG_1732.jpg

IMG_1783.jpg

けど、やっぱりタッチンは芝生からみる庶民席が一番落ち着くなあww

プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事