書評 「蒼穹の昴」

寝たきりだったのでこれといった話題がありません。

前に書きためておいた読書感想です。

書評などと大仰なものではありませんが。



蒼穹の昴(1) (講談社文庫)蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
(2004/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る


たまたま目にした、NHKの歴史ドラマ「蒼穹の昴」。

次の日にさっそく原本の浅田次郎氏の本を買ってきました。

大清国光緒十二年・西暦一八八八年 冬から物語は始まる。

梁家屯の貧しき寡婦の倅、李春雲よ。畑もなく鍬もなく、舟も網もなく、街道に凍てたる牛馬の糞を拾いて生計となす、卑しきやつがれ、小李よ」。

そんな書き出しで始まる、壮大な出世物語。

全四巻の前半部は久しぶりにワクワクしながら読めました。糞拾いの餓鬼と、隣に住む顔見知りのエリート兄さんの友情を織り交ぜながら物語は進んでいきます。

しかし、話しが進むにつれ、違和感が目に付きます。
まあ、長々と書いても仕方ないので、本書レビューは他の人に譲るとして、とにかくこの人の本は違和感オンパレードにいつも包まれるねえ。。

世紀の悪女と名高い西太后。彼女に人間味を持たせようとするあまり、下町の中学生のような会話をしゃべらす場面。

なにか思い詰まればすぐに亡君の下に走り、亡霊として現れる「乾隆帝」とグズグズ泣き言をしゃべらす。

ねえ、おじいちゃん。もう私どうすればいいのかわからないの。。おじいちゃんなんとかしてよ・・

ここらへんから一気に冷めてきた。その泣き言中学生日記の場面が出てきたら、飛ばし読み。

前半部ではあんなに活き活きしていた春雲や文秀も、すっかり色褪せていきます。あまりにも沢山の主要人物を入れ過ぎて、とにかく話しが散漫になって落ち着かない。それを無理からまとめようと、日本人記者の岡や、外国人記者のバートンなんかで取り繕うとするけど、その視線があまりおもしろく書かれていない。

最後は中華エリート最高の印、進士中の進士、「状元」である、梁文秀は義弟の妹、そして親友でもあり義憤で死んだ「タンストン」の許婚、「リンリン」をぶってぶってぶん殴る始末。

己のやるせなさを表現したいのだろうが、「状元」とは4億人の中華の星である。それが、よっぱらって文化住宅に暮らすぐーたら親父と同じ振る舞いをさし、そして犯してしまう。

うーん。。。ちょっと無理があるよなあ。。その「リンリン」もさっきまで「タンストン」に一生を捧げて愛しますと誓わせておきながら、目の前で首を落とされる場面を見ておきながら、すぐに身を任せて

「私にできるのはこんなことしかないですから」と健気に笑う。

いやー、、それは違和感が全身を走るけどWW。

同じ浅田さんの本で、新撰組を書いた「輪違屋糸里」でも、女性心理描写があまりにも短略的で本を破いたろうかと思った違和感が思い出されましたww。

女性の割り切り感や、刹那的な生き方と、この尻軽的な情緒はまったく違うと思うのですがねえ。


まあ、これを読んでテレビドラマを見れば、さすがに手直しも入れられて楽しく見れました。ってことは、プロデューサーも違和感があったのでしょうww。

どうしても司馬先生の本に慣れ親しんでいるせいか、脚色が大きすぎて入り込めない。
登場人物の、それも主人公もサブもぜーんぶ「架空の人物」。よくここまでウソッパチで突き進めたなあ。。って関心する。娯楽本と言え、あまりにも脚色が濃いと白けてしまう。

最後の解説を書いてらっしゃる「陳舜臣」氏の言葉ではこの作品については触れず、自分の話しを並べてらっしゃる。

題名は「破天荒な小説」。

さすがである。

それでも4巻最後まで読ませるのだから、これが浅田作品の「真骨頂」なのだろうね。
スポンサーサイト

火曜日か

昨日から熱が下がったので だいぶんましになりました。

木曜から数えたら 5日ぐらい寝たきりでした。


今日はがんばって仕事にいかんと。

人に預かったものもあるし とりあえず出よう。

給料がなくなる。。

また悪寒

ただいま、夜明け前です。
強烈な悪寒で目が開きました。

(38.4)

また熱が上がっています。

しんどかったー

夜中の3時。

仕事を終えてタクシーで帰宅したがよ。車を降りた瞬間。

とんでもない悪寒に襲われた。

「あれあれ・・?」と思いながらコンビニへ寄った。不思議やねえ。。

人間は体に異変を感じたら買う物が違う。いっつもならカップヌードルでも買って帰るところを無意識に「アクエリアス数本・パックのご飯・バナナ・ヨーグルト・・」って病人食を買いゆう。

家に帰り着いて熱計ったら あるある。

37・6度。

うーん。そのまま寝るけど眠れない。とにかく悪寒悪寒悪寒でとんでもなくしんどい。

うとうとして目が覚める。熱を計ったら

38・5度。

きたきたー。

その日は仕事休んだ。アルバイトやき一日休んだら皆勤賞と日当が吹っ飛ぶ。

夜は38・7度ぐらいで下がらない。金曜になって辛抱たまらず病院へ行った。

保険証を持ってないので実費。・・・仕方ない。

インフルエンザ検査してもらったけんど 陰性やった。先生曰く 「隠れインフルエンザの可能性もあるので」って。

そんなんあるんかいね。

とりあえず頓服と漢方薬を処方してもらった。でそのまま金曜も休んだ。

金曜は水商売独特のルールで「金曜罰金」ってのがあって1万引かれる。2日休んで5万近く吹っ飛んだ。

それでも高熱には勝てず。

うんうんうなって土曜日。ちょっと熱が落ち着いてきた。体中が痛い。頭も痛い。

あー・・しんどい。

風邪ひいいた

丸二日近く 38度台の熱がひきません。

しんどい。

ご縁です

三連休最終の月曜。

知り合いと飲みに行ったがよ。

とある商店街をブラブラ歩きながら 適当に入ったショットバー。

店の造りはそれらしいけんど 出てきたチャームで

このマスターはバーテン歴が短いやろうなあ・・」

って思うた。なんでかってオンス売りの吊るしボトルに似合わぬ

豚キムチ」やったきww。

話し聞いたら 最近 居ぬきでここを借りたらしい。それまでは中華屋さんで働いてたという50過ぎのおじさん。

アードベックの水割りを一杯飲んで マスターにどこかスナックでもないかと聞いてみた。

それならこのビルの上を紹介しようか」と少しぶっきら棒に電話してくれたわね。

連れと行ってみると 70前ぐらいのママさんと爺さんが3人。

うーん。まあいいか。

カウンターに座ったとたん 爺さん軍団の一人に

兄さん 人は部屋に入ったら帽子を脱ぐのが礼儀やろう

と説教を喰らう。まあ・・・ね。

そうですよねえといいながらそのまま飲んでたら 今度は隣の爺さんが話しかけてきた。

兄さんたちはどこからきたのかね

話しの流れで新地で働いているとか色々しゃべっていたら いにしえの北新地物語を聞かされる。

そのうち その爺さんが高知県出身だとわかったがよ。

それから一気に親密になって 手持ちの名刺に電話番号を渡した。

爺さんに。おじいさんです

ほんならよ

翌日。

その爺さんから電話があって

タッチンさん 今からお店に伺います」と。

爺さんスナックとは打って変わって スーツに身を包んだ紳士が現れたで。

ボトル下ろしてくれて 腹が減ったやろうと寿司もとってくれた。

あなたの偉いとこは 私に営業しなかったから気に入ったよ

と言ってくれた。

30分ぐらいで「また寄らしてもらいます」と笑顔で帰られました。

あー。

どこにご縁があるか解らんもんですなあ

三連休でんな

昨日から降り続いている大阪の雨です。

先週はちょっと飲みすぎ。土曜は明け方まで飲みすぎ。

さすがに日曜は誰ともあわず早めに就寝。

まあ そんなことはどうでもよろしいけんど。


そうそう

コインランドリーの乾燥機って便利やねえww。

歩いて3分ぐらいのとこに銭湯があって そこにコインランドリーがあるがよ。

けんど利用したことがなかった。先週はズボラ生活で一週間分の洗濯物が溜まっちょったがよ。

この雨でどうしたものか。部屋の中に紐張って干すのもうっとうしい。

で ちょっと乾燥機まで持っていったで。

説明書きには
5キロで25分目安です」と書いちゅう。10分100円

洗濯物は3キロぐらいしかないき とりあえず200円入れて回したがよ。

その間に 淡路の商店街へ買出しにいって 久しぶりにスロットで時間潰し。4000円ぐらい勝ったところで辞め。買い物してコインランドリーへ洗濯物をお迎えにいきます。

まあ きれいに乾いちゅうww。当たり前やけんどなんやらうれしいw。

せっかくの連休最終日も 乾燥機でぐるぐる乾いてくれんかなあ。。

一週間

今週はやけに長く感じたなあ。

北新地も震災の影響をもろに受けちゅうわね。

当たり前やろうけど 上場企業は自粛令が出てるし それどころじゃないやろうし。


暑さ寒さも彼岸まで言うけんど 真冬なみに寒い。

前の公園の早咲きの桜は満開になっちょります。

さあ 今日一日がんばっていこう。

続々 大震災

北の新地も閑散としている。

それでも飲みにくるのは 一部のトップ管理職の方か個人経営のオーナーぐらい。

みんな口々に今回の被害を語る。それも自分の被害が中心だが。。

「うちの関連会社だけでも10億はやられた」

「○○製薬の本社は壊滅した」

車関係の経営者は 今後のガソリンの急騰を見越して暗澹たる思いだとつぶやく。

けど その話しも15分もすれば いつもの馬鹿話をしはじめる。

それは無責任とかのん気だとかではなく みんな暗い思いを忘れよう忘れようとしているように見える。


あまりの震災の大きさに その付録のように報道される原子力発電所の問題。

これは 空前絶後の大災害が起ころうとしている。否、もう起こっている。

原子炉の不都合ばかりを報道し その影響は触れないようにも見える。

世界でもこんな原発事故はないだろうという 大変な事体だというのに。

手の打ちようがないのだろう。懸命に普及作業をしているといいながらなす術がない。

テレビでは「計画停電」を隠れ蓑にするように 原発で起こっている最悪な状態は報道しきれない。

東京の方にもセシュウムが流れているようだ。


瓦礫の撤去のような話しではない。

放射能汚染の恐ろしさは 数年単位で死の恐怖を残し続ける。


恐怖心を煽る必要はないのだろうが、津波以上にとんでもないことが起こっている。

続 大地震

続々と流れる被災地の情報。

続々というより 垂れ流しの悲惨な映像を見ていると精神的におかしくなった。

夜。ウトウトしていうると自覚していない何か解らない不安心に襲われた。

閉じた瞼の裏側に 濁流に呑まれる家屋と呆然と眺める被災した人の顔。どこからともなく漏れ聞こえるすすり泣く声。津波が引いた荒野をトボトボと歩く人の影。

直接的に感じ得ないはずなのに 心臓が高鳴り得もいわらぬ恐怖心と不安心に襲われた。

涙が止まらない。その涙は悲しみとか哀れな思いの涙ではない。

ただ 茫々と心の中に広がる不安心からなのか とにかく涙が流れて不安になった。

心的外傷とはこんな状態をいうのだろう。

とっさに安定剤を口に入れる。テレビを消して蒲団を被った。


大阪の都市機能を 臨海地域に移設する構想がある。

遠く離れた東北の地震で 臨海地帯にある大阪の高層庁舎ビルはあちこちに亀裂を生じていた。

宮城の空港が津波に呑まれる映像と 関空が水没して機能を消失する映像が重なる。

政治機能が麻痺することと 災害救助の機能がどのようにリンクするかは理解し得ないが とてもリスクが高いことは確かだと思う。

阪神大震災のときは 高知から映画のワンシーンのように映像を眺めていた。震災から3ヶ月後に神戸に復興支援と称して仕事に行ったことがある。震災から3ヶ月たっても家屋は傾き 道路は寸断され、高速道路は倒れた脚を残して手付かず常態だった。高台から望む神戸市内は 悲しい花のように ブルーシートが咲き乱れていた。

天災とは突然やってくる。災害に対する備えに万全などは有り得ない。

一部地域の悲惨な物語なのではない。週明けからの日本経済の混乱は数ヶ月続くだろう。

阪神大震災の経済への影響は半年近く続いた。今回の震災での影響はどれくらいかかるのか。

戦後 焼け野原の日本は 信じられない回復力で復興した。それはマンパワーの成し得る奇跡以外ない。

とにかくライフラインの復興を優先しつつ たるんだ我々日本人が総力を上げて助け合う懸命さが必要だろう。



大地震

日本国内最大のM8・8という大地震が襲いました。

地震発生時は国会中継を見よったけど 

「緊急地震速報」

がテロップで流れた数十秒後。

大阪もグラグラと揺れたがよ。

次々と流れる速報を見てたら 東北地方で起こったってやりゆ。

あんな遠いところの地震で 大阪が揺れるってことはかなり大きいなあ

なんてぼんやり考えよった。


大きいなんてもんじゃなかった。

とんでもないことになっている。押し寄せる津波。飲まれる家屋。家屋どころか街が濁流にのまれた。

そして 今度は原子力発電所でとんでもないことが起こっている。


週明けの株価は暴落するだろう。日本経済も惨憺たる状況に飲み込まれようとしている。


とにかく自分のできることを考えたい

大地震やー

こわいー

今日は木曜か

今日はなんだか 女の子の同伴にお付き合いです。

お客さん曰く その子と二人で同伴したら他の子が焼きもちやくからタッチンさんも一緒にって・・。

なんのこっちゃわからんわい。



高級懐石らしいので楽しもうじゃないのww。

それと

坂上二郎さん飛びます飛びますで逝っちゃいましたね。。

また 昭和の火が消えました。。

まだまだ寒い

薄雲の寒空

公園に植わる桜も 蕾の先をうっすらと春色に染め付け始めました。

あと10日もすれば 恥じらうように綻び始めます。

けど

まだまだ寒いなぁ。

けど

それも後少し。

日曜は飲んだらあかん

日曜は天気が悪かったので 朝から偏頭痛。。

子供の頃から少し天気が愚図つくとテキメンに頭が痛くなるがよ。

金曜から約束していた競馬。。

行きたくない。

けど 約束やし。。

阪神競馬場はキャンセルして梅田のウインズへ。

昼過ぎから勝負。

一発目ハズレ。

連れていった店の子がビギナーズなんとかで三連複ゲット。

前の居酒屋でご飯食べながら勝負続行。途中で知り合いも参戦してやったけど トータルは負け。

そのまま別のお客さんと合流して天六へ。頭がガンガンするなか日本酒飲んだりチュウハイ飲んだり。。

酔いに任せてカラオケスナックへ。ここは最近知った店やけんど とても居心地がいい。

なんやかやと大騒ぎして最終電車で帰宅。

そう

月曜は二日酔いと偏頭痛で完全ダウン。

休みの日は飲んだらいかんね。。

ぽかぽか銭湯

今日はなーんも用事がありません。

昨日(今日の朝やけんどw) 仕事が終わって中華食べにいって(夜中の3時からw)。

毎日毎日 こんな生活しよったら体の疲れも取れんがよ。

今日はゴロゴロしながら競馬をパソコンでやったけんど 結果はとりがみ。。

昼から夕方までネタ寝た。

夜は久しぶりに近くの銭湯にいってきたで。


高い天井に心地よく響く湯音。

ゆっくり足を伸ばしてくつろいできました。

記憶がポン

人間の記憶っておもしろいねえ。

昨日 店のお客さんがいきなり話を振ってきたがよ。

「タッチンさん 斉藤一ってどう思う?」

最初はなんのこっちゃわからんわねえ。

タッチン
え?ベイスターズかなんかの投手ですか?」

なんか苦笑いした瞬間に このお客さんが歴史好きなのを思い出したらピョんと記憶がでたで。

タッチン
「わかってますよww新撰組の斉藤一でしょう」

お客さん
おー!さすがタッチンさん 知ってるねえー」

そこから次から次に言葉が出てくる。

新撰組の腕達三人の一人でしょうとか 左利きの右差しで居合いの達人だったですよねえとか。

明治まで生き抜いたけど 新撰組についてはあまり語らなかった人物像は魅惑ですよねえとか 次から次に出てくるがよ。

中学生ぐらいに読んだ司馬遼太郎の本が 長い眠りから覚めたようにペラペラ頭の中でめくられるがね。

しまいにお客さんも圧倒されてしもうて

タッチンさんが斉藤一のファンやったとは驚いたなあww」やってww。

ファンじゃないけど 遠い昔に読んだ記憶が出てきただけながよ。

競馬好きな人でも ちょっと馬の名前聞かれたら 馬好きでもないのに(タッチンは馬券好きww)レース名とかその前後の馬名がパカパカでてくる。

人の記憶っておもしろいねえww。

風邪っぴき

昨日は風邪で店はお休みしました。

あんまり休むとお給料がないのでがんばってでます。

あー

しんど。

プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事