連休2日目

今日はお酒も抜けて体調もまずまず。

午前中の競馬を2Rだけやって すずめの涙ほど勝った。

このまま貝のように引きこもるのもと思い立ち 自転車にまたがって梅田へ。

ロフトでサングラスを物色。タッチンが欲しいやつはなかったのでそそくさと後にしました。

いつものヨドバシカメラへ。

ぶらぶらしながら またまたサングラスコーナーへ。

ちょっと気に入ったヤツがあったけど 値段が値段やし・・。

そのまま帰ればいいのに 駅ビルのスロット屋へ直行。直行ということは帰る気はなかったに違いない

いつやっても勝ったためしのない「リングにかけろ」で一勝負。

案の定2万もがれた。サングラスが買える。ほら。ほら

ヤケクソで隣のパチンコ屋へ。初めてみる台ばっかりでなんかわからん。

なつかしの「トムとジェリー」の台があったきやってみた。

ほら

500円ですぐ点いた

16000円換金して トータル4000円の負けで終了。

まあ4000円で遊んだと思えばよしとしよう。。

明日は京都まで競馬の予定だったけど 雨模様のようなので中止かなあ・・。

てな 連休2日目でした
スポンサーサイト

GW

GW

タッチンさんとこは連続10日もあります。

日給月給の身なれば あまり歓迎できる休みでもありません。

お休み一日目の金曜は ほぼ 寝て暮らしました。

木曜はお客さんと同伴。正確にいうと女の子の同伴にお呼ばれしたがよね。

理由は

鯨のコース料理」を食べに行くってから。

タッチンの小学生ぐらいまでは 鯨って普通にあったがよねえ。

給食には有名な「鯨の竜田揚げ」なんかしょっちゅう出よった。

水菜と鯨の脂を炊いたやつなんか大好きやったもん。

今は滅多に食べることなくなったき およばれすることにしたww。

ちょっぴりづつ 上品に盛られた料理の数々。

鯨の尾のみなんて とろけるようで美味かったーww

その後 店の女の子が誕生日だったので シャンパンとワインで撃沈。

それにしてもワインは酔う。アホほど酔うね

シャンパン開けてくれても ホステスさんはあんまり飲めないから処理係的に飲む。

酔うね。シャンパンは。アホほど酔うね




金曜はダウン。

今日はなにして遊ぼうかなあ

皐月賞回願 

牡馬クラシック 第一戦 

今年は震災の影響で 中山競馬場から府中に鞍替えしての開催。

何故だか昔から 牡馬クラシックにはあまり興味がないがよ。


それでもクラシック。馬券心が疼いてしまうわねww。

急遽 レースアーカイブを見ながら予想。

特にレース振りが良かったのが 

⑫オルフェーブル。

前に行っても差し上がってもしぶとい。この馬に並びかけるとすれば

⑪ペルシャザール。

この2頭軸に馬単 三連単と勝負。

気になるのが先行してしぶとい

⑰プレイ

外枠が気になるけど押さえておく。

あとは 1番人気ながらここまで堅実な

④サダムパティック

レース直前に アーカイブで気になった⑤ナカヤマナイトを入れてスタート。

レース中盤までは展開予想通り。府中直線を向いたときは⑰プレイの脚色が良く見えた。

「このまま粘りこめば えらい配当になるぞ」と興奮気味に見守るが あえなく失速。

最後の200mは 中団から弾けた軸馬⑫オルフェーブルが突き抜けた。


2着には 仕掛け負けした感があった1番人気の④サダムパティックが突っ込んだ。

残念なのは 3着にきた②ダノンバラード。

前走 共同通信杯の惨敗と2ヶ月休養が引っ掛かって外した。

終わってみれば紐にはと思うが後の祭り。

とりあえず牡馬クラシック第一戦は終わった。


来週は天皇賞春。

長距離のタフなレースを 淀は京都競馬場に観戦に行く。

桜の花は散ったけど そろそろ馬券の花が咲く予感。

すんまへんなあ

いつもの日曜日。

変わりないから幸せなのかもしれない。

毎週 恒例のように「飲みに行きませんか」のお誘い電話がなるがよ。

まあヒマやし。。

ぶらっと梅田に出て 男同士でぶらぶら時間潰して飯喰いにいく。

途中 知り合いのお客さんに電話してみた。

「○○さん 今 梅田にいますが一緒にどうですか」。

この人61歳。ひょんなことから知り合って 最近はよく競馬にも行く。

「あー 今仕事してるから後で連絡するわ」。

しばらくして連絡があり 飲みにいくなら行くけど食事ならやめとくと。

ほな 連れのマジシャンくんと焼肉にいったがよ。


またまた61歳から連絡が入る。

「今仕事終わったけど どこにいてるんや?」

なんや 結局来たいんかいww。

「今 食事終わったのでどこかへ飲みにいきますよ」と返事したわ。

そのおっさんも 後で連絡するから携帯に電話したら出てくれと言われたがよ。


マジシャンくんがショットバーでも行きましょうというので 東通りまで行った。

なんやかんやと話しながら 何気に携帯をみると数回の着信が入っちょった。

そう。おっさんから。

その後、数通のメールまで入っていた。時間にしたら30分ぐらい気づかなかった。

それが。。。

とんでもない怒りのメールなが。

「お前 言っとったやろ!絶対電話出るって言っとったやろ!!」
「こんなんワシは大嫌いなんや!いい加減なことするんやったら電話出るなんて言うなよ!」

こんな感じのメールが何通も入っちゅうww。

確かに 気づかなかったのも悪い。電波が届きにくい場所だからと油断しちょったもの悪い。

とりあえずすぐに電話するが繋がらない。

仕方ないのでメールで

「電波が届きにくいので 気づかなかったんですよ」と送った。

するとすぐに返信がきて

「言い訳なんかえいねん!電波が届かなかったら着信コール鳴らないはずやろ!」
「そんな・・・こんな・・・それで・・」・・・。

なんて長文なんやろう。。。

もう 子供を通り越してうっとうしい。。

お客さんやからしょっちゅうお付き合いしてきたけど まるで付き合いたての中学生のやり取りや。

「またお会いしましょう」と短文のメールだけ送っておいた。

まあ 誘った方が悪かった。気づかなかったのも悪かった。

けど せっかくの日曜。最初に行かないといったのはおっさんや。気分が悪い。ムカムカする。

会うたびに店の女の子は わしに全部惚れてる話しを延々と聞かされる61歳のおっさん。

長いときは 数時間同じ話しをしている。勘違いを商売にするのが俺の仕事だとはいえしんどい。

もう お誘いはやめておこう。。

第71回 皐月賞 回願

牡馬クラシック 第一戦 

今年は震災の影響で 中山競馬場から府中に鞍替えしての開催。

何故だか昔から牡馬クラシックにはあまり興味がないがよ。


それでもクラシック馬券心が疼いてしまうわねww。

急遽 レースアーカイブを見ながら予想。

特にレース振りが良かったのが 

⑫オルフェーブル

前に行っても差し上がってもしぶとい。この馬に並びかけるとすれば

⑪ペルシャザール

この2頭軸に馬単 三連単と勝負。

気になるのが先行してしぶとい

⑰プレイ

外枠が気になるけど押さえておく。

あとは 1番人気ながらここまで堅実な

④サダムパティック

レース直前に アーカイブで気になった⑤ナカヤマナイトを入れてスタート。

レース中盤までは展開予想通り。府中直線を向いたときは⑰プレイの脚色が良く見えた。

このまま粘りこめば えらい配当になるぞ」と興奮気味に見守るが あえなく失速。

最後の200mは中団から弾けた軸馬⑫オルフェーブルが突き抜けた。


2着には 仕掛け負けした感があった1番人気の④サダムパティックが突っ込んだ。

残念なのは 3着にきた②ダノンバラード

前走 共同通信杯の惨敗と2ヶ月休養が引っ掛かって外した。

終わってみれば紐にはと思うが後の祭り

とりあえず牡馬クラシック第一戦は終わった。


来週は天皇賞春

長距離のタフなレースを 淀は京都競馬場に観戦に行く

桜の花は散ったけど そろそろ馬券の花が咲く予感

13年ぶりの兄貴

突然の電話。

誰だかわからない声。

13年 音信不通だった「お兄ちゃん」。

「嫁が死んでねえ・・・」。

おまんの声が聞きたかってねえ。

高知のお墓に入れてやってえいかねえ。

おまんに断っわっちょかないかんと思うて。。


すすり泣く兄貴。

次の日 姉と高知へ走った。

13年ぶりの兄貴。憧れで頭がよくって物知りで。

髪は抜け 歯も落ち すっかり変わり果てた兄貴。

お通夜と葬式の合い間に少し話す。13年前と変わらないようで時間は過ぎていた。

中学生だった息子は立派な社会人になっていた。

「タッチャン お父さんはぐったりきてたけど タッチャンに電話してから元気が出たがで」

帰り間際に 兄貴の手を握る。

「お兄ちゃん がんばりよ」。

13年ぶりに兄貴に会った。

俺も兄貴も 時間は過ぎたけど 兄弟に変わりはない。

お馬の宝くじ「win5」

=files=user=120602_01_gif_800.gif

週末の競馬レースから 

WIN5(ウインファイブって読むそう)

が始まります。


単純に 開催日当日の5レースから1着のお馬を当てるわけです。

しっかり自分で予想立てるのもよし ナンバーズのようにコンピューター任せのランダム投票もできます。

1点100円で 最高2億円の夢を狙うわけです


1着馬を当てる。それも連続で5レースとなると賞金額からもわかるようにとんでもない偶然的な確立となります。

ただ

当てるといえば 競馬の神様といわれた

大川慶次郎」が思い出されます。

かれは生涯のうちに 4度のパーフェクト予想を達成。それも1Rから12Rまでを連複 つまり1着2着を12回連続で当てたのですから 当時「WIN5」なるものがあれば 8億ぐらい軽く獲っとるわけですww。

そんな「競馬の神様」も 口癖は

私は競馬で3億勝ってます。でも4億負けてます

なんていってましたっけ。

漠然と運任せの宝くじを買うよりも なんだか夢があるように思えるのは馬券好きの性でしょうか。

またまたJRAの思う壺にはまりそうですww。

一週間のはじまりー

休日も終了。

土曜は飲みすぎて 日曜は二日酔いでダウン。

あー。

いつもの休日やん・・。

新たな気持ちで今週もがんばろうっと。

京都で桜

IMG_3999_20110416125358.jpg
IMG_4035.jpg

知り合いと京都へ桜見物に行ってきました。

阪急電車で烏丸へ。

知り合いが昔から馴染みにしているという料亭でお昼から懐石を堪能しました。


そこから平安神宮の枝垂桜を見に。

桜はソメイヨシノか八重桜しか見たことなかったんです。

平日にもかかわらず沢山の人出で賑わっていました

IMG_3963.jpg
IMG_4005_20110416125413.jpg
IMG_3999.jpg

IMG_3960.jpg

京都のまちでは舞妓さんを見たりで楽しい一日でした。

桜花賞行ってきたよ

春の桜花賞。

今年も8年連続で観戦できました。

金曜は朝から雨模様。せっかくの観戦なら

「晴れてくれー!」

と願っていましたが 見事なまでの小春日和。

いやー気持ちよかった。


いつもの場所でパチリ
IMG_3885.jpg

すごい人やー
IMG_3921.jpg

今年もこれてよかった
IMG_3893.jpg

連れと三人で仁川駅前で買出し。今年もおっさん同士の観戦になりましたが ビール飲んで喰って騒いで。

それいけー!
IMG_3911.jpg
IMG_3913.jpg

元気のない日本ですが お馬さんのようにこれから駆け出していこうと思います。
IMG_3894.jpg

また来年もこれますように。。。

第71回 桜花賞 

さあ 明日は 待ちに待った桜花賞です。

2004年 ダンスインダムードから始まり 7年連続の阪神競馬場での観戦。

なんだか途中から 意地のようになって通った7年。

毎年 

「来年も桜花賞を見にこれますように」と思いつつ 7年。

とりあえず 予想を記しておこう。

ここ数年でも 最強牝馬と目されたレーヴデソールがまさかのリタイア。

非常に残念ですが その1強がいなくなれば・・。

ホエールキャプチャ

三連単1着付けで勝負。この馬に賭ける。絶対強い。間違いない。ほんま。と 思う・・。

相手は競馬場で決めます。

さあ

お約束の記念キーホルダーを買いに。

いざ!

仁川へ。




桜さくら

昨日は久しぶりに飲んじゃいました。

インフルの影響で 10日以上お酒から遠のいちょったけんど ちょっと飲んだ。

いやー

さすがに少しの酒量でも酔う酔う。

店が終わって オーナーママのいつもの酔狂説教が朝の5時まで。

ふらふらになりながら始発で帰宅。


まあ こんなとこおったら倒れてしまうわね。


外は春色。

今週末は タッチンさんの一年の中でも大きなイベント

桜花賞

今年で8年連続の観戦となります

来週は京都の割烹でお花見食事会。そのあと平安神宮へ桜見物。

なんだか春らしい身の回りになってきました

小春日和

昨日、お店に新聞社に勤めてる方がきてました。

話題はやはり

「原発」。

とんでもない事になってるって「極秘情報」っぽく言ってはりました。

まあ

ど素人のタッチンでも知ってる情報ばかりやったけどww。

みなさんに紹介したいのはこっち。

タッチンが前から好きな先生のブログ。

ここで情報と予備知識を入れるのも一考かと思います。

武田邦彦
photo_20110406135044.jpg

http://takedanet.com/



ではまた

笑うに笑えず笑うしかない原発

手の打ちようがないにしても ヤバイなあww

後手後手もいいけど 放射能汚水を海に捨てたらまずいやろうww。


どうしようもないからドボドボ垂れ流ししてごめんなさいって 国がやることじゃないやなあ。。

釣堀り公園の「浮き島フロート」を利用するって時点で 「漫画みたいなことになってきた」と

思ったけんど それもやっと今から固定チェーン切って改造するドックまで引っ張る

準備」に入ったって。

日本の隣国は放射能大気汚染に慄きはじめ 今度は海洋汚染に慄きはじめ。

最悪。

海江田さんは 「原発は東電が起こしたことだから保障も東電が主導権もってやってもらう」って。

放射能汚水の垂れ流しも農水省に連絡がないとか 国の危機管理体制が機能してないのを今更ながら言うとるし。


もう日本最悪



笑うに笑えず笑うしかない

えびボトルに挑戦だー!その15

前回までは右の「えびぼとる」カテゴリーから見てね


前回の「えびボトル」日誌から5ヶ月も経過してしまいましたww。

前回(2010・11・18)に見つけた

ちびっこえびやん」。

買ってきたえびやん軍団にまぎれて 約2ミリぐらいの大きさだったのがあれからがんばって


なんと!

1センチにまで成長しておりますww。
(画像はまた今度アップしますね)

メインぼとるの「アカヒレ」軍団も 元気に泳いでいます。

一匹だけになっていた 「めだかのめだやん」は 先月★になられました。。

そんなこんなの「えびボトル」。

先日 何気に観察していると 「えびやん」が住んでいるサブのほうで びっくり発見がありました。

風邪っぴきの状態でボトルを覗いていると なにやら目の前を「サッ」と横切りました。

あまりの速さに目の錯覚と思いましたが じっくり目を凝らすと・・


なんと!


赤ちゃんえびやん」が泳いでいるではありませんか!

体調は 前回見つけた「ちびっこえびやん」よりも小さい 1.5ミリほどの小さな小さな

赤ちゃんえびやん」ww。

ボトル内を探索すると 確認できただけで

3匹」いましたw。

あまりの小ささに こんなもんを購入。

これだ
51wtSkv4l+L.jpg

これでバッチリ見える!
けど・・。

ルーペが届いてから 「赤ちゃんえびやん」の姿が見当たりません・・。

また見つけたら報告します

Google Earth

福島原発のことを書いていて 漠然とどこらへん?と思って

「Google Earth 」

を起動さしてみたがよ。

(福島県 原発)と打ち込んで 検索してみた。

グーンと寄った福島原子力発電所。

びっくりした。もう画像が爆発した後になっちゅう。

それも鮮明な画像で テレビで映し出される映像と同じ光景がある。

吹き飛んだ建屋。飛び散った資材。海に吐き出される濁った排水。

こんな状況だったのかと 改めて衝撃を受ける。

そのまま 海岸線を北上してみる。今まで点でしか認識していなかった津波被災地。

とんでもない。

何百キロに渡って 惨憺たる状況の画像が連なる。

空からの画像でも その流された家屋跡 廃材の山 浸水されたままの田畑。。

海岸部から数キロはあろうかという場所にも 津波で流された廃材が散乱しちゅう。

北へ北へいくにつれ その被害状況も惨憺たる画像になっていく。

大きな港では堤防が決壊し その堤防の上に船が乗っかったままである。港の中には赤い物体があちこちに浮いている。よくみると 船体がひっくり返り 船底の赤色を海面に出した沈船の塊。

港町は津波で流され 跡形もない更地のような光景が広がる。山々の裾野まで芥が押し寄せ 津波の規模を示している。

海岸の砂浜には 貨物用のコンテナが無数に打ち上げられ 沖には沈船が漂う。

とにかくずーっと ずーっとそんな状態が続いている。


まだ回収されていないご遺体がその下に数千~万と眠っている。

改めて声を失った。

よく寝るね

結局、中1日だけ顔だして、ずーっと休みました。

まあ自己責任として給料がないんだからアルバイトってのは辛いね。


センバツも明徳が一回戦で敗退。

馬渕監督になって20何回初戦負けなかった偉業も途切れたねえ。
春の高校野球のよさって アルプスから聞こえるブラスバンドの大声援。
プロの甲子園戦は見たことないけんど 高校野球は何回も見に行った。

けんど テレビからも活気が伝わってこないのは残念やね。

自粛 自粛 自粛。

大阪造幣局の「桜の通り抜け」も ライトアップが中止になったらしい。

5時には閉館されてしまう。大川沿いの出店はどうするがやろうね。


被災地では人手が足りんってニュース番組でやりよった。
自衛隊10万人体制で投入しても 全然おっつかんらしい。

番組内でボランティアの窓口はこちらですって感じで紹介しよった。
その後、しらっと冷めた顔で

「あくまでもボランティアなので 被災地への移動 宿泊 飲料などは自己責任でお願いします」。
って 抑揚のないコンクリートみたいな顔で吐き捨てるように言よった。

現実やね。

人の厚意をフォローできるような国でもないみたいやね。

どこいらの市役所では 被災避難している100人近いひとに ここは避難所ではないので退去してもらう勧告をしているってやりよった。当惑する被災者の人々。

現実やね。

段々テレビ番組も いつものくだらん馬鹿げた日常にかえっていく。
一向に進まない原発事故関連も 「大変なことだ」から「大変そうや」に変わっていく。

原発周辺の街々はこれから数10年「死の土地」になるで。その周辺県は完全にお国依存でしか生活が成り立たない破産県になってしまうろうねえ。

福島といえば維新の悲劇を一身に受けた 「会津藩」。

幕末期にあたっては 三百に近い藩の中でも屈指の教育水準と武勇を誇り 勤王志士が横行する京都守護職を任される。幕府の衰亡を予知した藩士達は 藩主容保に直諫する。

「いまこの難局にあたってその任を受けるは 薪を背負って火中にとびこむがごとし」と。

しかし 時世はそれを許さず受けざるを得なかった。

「されば君臣ともに京の地をもって死所とせん」と一同相擁して泣いたという。

朝廷外交というものを一切せず その支配下にあった新撰組をもって 市中の治安に朴訥なまでに専念するがゆえ 結果 朝敵の汚名を被り 維新後 悲惨な時代を歩む運命を背負い込んだ「会津藩」。


うーん。
話しがとりとめなくなったけんど この土地は苦難の多い土地柄である。

プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事