第80回東京優駿 回想

東京競馬場で執り行われた「東京優駿・日本ダービー」。

勝ったのは一番人気で武豊騎乗のキズナ。

前々走、毎日杯を快勝。続く京都記念も最後は流す余裕を見せて快勝し、このダービーに出てきた。

鞍上の武豊ジョッキーは、自身五度目のダービー制覇。キズナの父であるディープインパクトとの親子制覇まで成し遂げた。

後方の位置取りから4角徐々に進出。一旦は前が壁になる不利もあったが、落ち着いて切り抜けると、最後は豪脚一閃、粘るエピファネイアをはかったように差し切った。

三着には逃げたアポロがしぶとく残り、一番三番人気絡みながら三連複三連単ともに万馬券となった。

勝った武豊ジョッキーの「帰ってきました」の言葉が印象的だった。

馬券はNHKマイルの覇者マイネルホウオウとキズナの二頭軸マルチで撃沈。粘ったアポロを評価していただけに、残念な結果に終わる。

記念の80回記念ダービーに相応しい素晴らしいレースでした。
スポンサーサイト

優駿牝馬オークス 回想


期待の①レッドオーヴァルは4角で一瞬伸びかけたが撃沈。

逃げた⑯クロフネサプライズも直線で失速(レース後、骨折が判明)。

残ったのは桜花賞で人気を落とした③メイショウマンボが力強く差し切って優勝。相手もフローラ組が絡んだ。

いかなる時も 終わってからの考察はどの予想家よりも正確に当たる。


反省するとすれば、馬券を買いすぎた。

①⑯軸の三連単マルチ
①⑤軸の三連単マルチ

①軸の三連複フォーメーション


結果的には①レッドオーヴァルが撃沈でかすりもしない馬券になったわけだが・・。

今年に入って、三連複フォーメーション馬券に専念して競馬用の口座に入金することがなくなった。
大勝ちは少ないにしても、毎週のように入金することもなくなった。

それが

ここ数週。また入金の日々に逆戻りだ

そう。G1が始まって予想スタイルが変わったからだ。何を興奮することがあろうか。
毎週毎週競馬はやってくる。1Rからやれば多い時には×3場=36Rも勝負することができる。

まあ、そんなに勝負レースはあるものでもなく、よくよく検討すれば数Rに絞られる。
そこに確実に狙っていける馬券スタイルが、前述した

三連複フォーメーションなのだ

たまにジャブで馬連を買うと、これがまたよく当たる。
気になる中穴を単勝で狙ってもそこそこくる。



G1となると、へたれ欲深い心が鎌首をもたげて三連単で狙いに行きたくなる。

G1だからといってオッズが変わるわけではない。当たり安くなることも外れやすくなることもない。



今週は競馬の祭典

日本ダービー


またまた大勝負に出てしまいそうな予感・・。

優駿牝馬

第74回優駿牝馬
桜花賞組か別路線組か。

⑯クロフネサプライズが逃げ宣言?そこから展開予想で。

やはり府中の直線を考えれば大逃げは打ちにくい。⑯クロフネは逃げと言う感じより端をたたいて先行か。4角から直線中盤までムチを入れずに我慢。ラストの瞬発力勝負とみた。

ゴール前、残る⑯に脚を溜めた組が襲いかかり一団の叩き合い。果たして、樫の女王に輝くのは・・・。

軸①レッドオーバル。桜花賞では一旦抜け出して勝ったかに見えたが、最後の坂に捕まるような形で勝ち馬に屈した。ここはリベンジの好機。
相手に⑤デニムアンドルビー。府中の2000Mを33秒台で差し切った脚は怖い。1番人気の実力までは疑問符だが、相手には挙げておく。

上記2頭から、ここは距離適性か人気が下がった⑯クロフネサプライズ。並の先行力ではない馬だけに、注意筆頭株。

①⑤=⑯③④⑨一発狙う⑰まで。

第8回ヴィクトリアマイル 回想


府中で執り行われたマイル女王決定戦。

絶対女王のジェンティルドンナが不在の中、どの馬にもチャンスがある。

狙ったのは、前走で素質開花の予感、イチオクノホシ。早め仕掛けからのロングスパートはまさしく府中向きに思えた。葦毛の馬体が先頭で駆け抜けるか。

相手には、フランス帰りの屋根で一発魅せそうなサウンドオブハート。外枠でも広い馬場なら外から差し込む。

この2頭を軸に三連単マルチで勝負。くれば高配必死。

で、レース直前。

どうしても気になる馬が。
ジェンティルがいないここは、悲願のG1取りを狙うシルバーコレクター、ヴィルシーナ。4角先団でしぶとく立ち回れば…。

何故か朝から馬主でもある大魔人佐々木氏と嫁の顔が浮かんでくる。桜花賞のアユサンも同じように予感めいたが、買わずに後悔しきりだったので、単復だけはおさえた。


結果は、狙った馬は総崩れでおさえたヴィルシーナが悲願のG1取り。

収支はマイナスだったが気持ちはスッキリでした。

第58回京王杯S 予想

府中直線1400M 短距戦。

小雨ながら降る雨がどう影響するか。

展開的には4角から先団息を保ちつつ、ラスト1ハロンの瞬発力勝負。

インで粘り込む⑤トウケイヘイロー。
ラスト確実に差し込む⑮ダイワマッジョーレ。

注意したいのは、いつでも怖い⑪シルポート。

三連単2頭軸マルチで。

⑤⑮=③④⑨⑩⑪⑭⑰。

NHKマイルカップ回想

3歳戦は予想が立てにくい。近走不振でも、休み明けなどで一変することも多く、一筋縄ではいかない。

府中1600戦。先行力と瞬発力が問われる。

指数的には抜けた馬がいなく混戦。展開から予想。

確固たる逃げ馬不在、4角先行ならエイシントップ。戦績からもここは馬券圏内には残りそうだが、府中の直線が不安。鞍上は心強いが頭まではどうか。

ならば、後半伸びてくるレッドに分がありそう。スタートさえ決めれば、中団から早めに捲って突き抜けないか。末さえ切れれば圏内、頭まで狙いたい。

悩みに悩んだ末、三連単2頭軸で相手は手広く流す。
着が前後すれば万馬券多数で夢がありそう。

レースはスタート直後、軸馬の1頭、レッドが大きく出遅れ。多少の遅れならいざ知らず、これは痛い。万事休すか?

4角勝負所。
もう1頭のエーシンも反応が鈍い。あれよあれよと馬群は進み、結果は両頭とも抜けてドボン。軸馬のレッドが最後猛追するも紐は無印ばかり。

三連単は百万馬券となった。
今回は、三連複、三連単と買い目を増やし過ぎて大敗した。

自信のないレースでの大敗は、なんの収穫も得れない。

プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事