第34回 ジャパンカップ 予想

ふっと明け方に目が覚めました

ぼーっとする頭で今日のジャパンカップを考えたりします。
基本、馬が好きとかじゃないんです。別に府中のコースを牛が走ろうがゾウが走ろうがネコが走ろうがいいんです。

それでも、今年のジャパンカップは豪華なメンバー。
ネコでもイヌでもと言いながら

昨年のジャスタウェイ、毎日王冠は強かったなあ・・。天皇賞(秋)、雨の安田記念は強烈だったなあ・・」。

ジェンテルドンナの桜花賞見に行ったよなあ。三冠獲ったときは歓喜したなあ」。

桜花賞といえば今年のハープスター。最後方から大外一気の鬼脚は身震いしたなあ」。

ダービーのイスラボニータとワンアンド。皐月賞で猛然と追い込んで4着だったワンアンドがダービーで勝ったうれしさ」。

最近でいえば毎日王冠で強烈な末脚を見せて天皇賞(秋)を突き抜けたスピルバーグ。5番人気はおいしかった」。

春の天皇賞を連覇したフェノーメノか。あのときは唖然としたなあ・・」。

・・・なんて考えてたら、結構 お馬好きやん・・。競馬大好きやん・・。

で、今年のジャパンカップは面白い。豪華メンバー。何度も言うけど豪華競演。

さてさて、レースが楽しみです

ちなみに本題の予想ですが・・。展開から考えると上がり差し脚有利には間違いない。2400mなら枠もあまり気にしなくていいでしょう。サトノシュレンが逃げタマモベストプレイが番手。その後ろにジェンテル、イスラボニータの先行しても強い馬が続くかな。淡々と流れてペースは若干スロー。4角から早めに動きたい馬と、脚を溜める差し馬追い込み馬のポジション争い。直線400m過ぎから逃げ馬が垂れるだろうね。それを交わしながらジェンテルドンナが前に。大外から早めに前へフェノーメノ。内を捌いてジェンテルについていきたいイスラボニータとジャスタウェイ。

残り200m。先団組みの熾烈な叩き合いへ、大外から一気に捲くってくる2騎。鬼脚ハープスターと上昇一途のスピルバーグ。残り100mで襲い掛かるって感じ。ひょっと後ろについて武さまのヒットザターゲットもついてくるかもね。

最初にゴール板を駆け抜けるのはさてさて。。のお楽しみです
スポンサーサイト

京都動物園だー☆

先日の京都紅葉散策のつづきです。

南禅寺からぽくぽくと歩いているうちに、「京都動物園」まできました。
京都競馬場はよく行くのですが、動物園ははじめてのような気がします。

ぐてぐてライオン
画像 124

ちょっと眠たいトラ
画像 136

ちょうど、幼稚園の子供たちが遊びにきていたようで、みんな大はしゃぎでした。
ライオンが唸る、トラが吼えると泣き出す子、一緒になって大きな声で泣きまねする子。

ちびっこは楽しいなあ。
画像 151

ちょうど園内の大改修をしていたので、見れる動物は限られていましたが、たまには競馬場のお馬さん以外も楽しかったです。

画像 155

画像 141

画像 190

そんなこんなで楽しい京都散策でした
unnamed_2014112909250152c.jpg

たこ焼き器

大阪に住み着いてかれこれ十数年。

大阪といえば「たこ焼き」ってイメージがあります。くいだおれの街ってぐらいやけど、大阪っ!ていう食べ物はあまり思いつかないなぁ。今頃は全国何処でも取り寄せができるし、ましてたこ焼きなんて何処にでもあるしね☆

けど、あんまりたこ焼きって食べないなぁ。嫌いじゃないけど、子供のときから買い食いとかしなかったからかなぁ。たこ焼きは買ってすぐに熱々をその場で食べるのが美味しいもんね。

で、先日の引っ越しで出てきた。
数年前かなぁ。何かの引き出物かなんかで貰った「たこ焼き器」。一度作ってみようとおもいながら一人でたこ焼きってのも…なんてほっといたやつ。

で、ちょっと使ってみよう。

作り方はいたってシンプルで、粉に玉子入れてゆるめにとくだけ。あとは、たこ焼きにじゅーっと入れて、主役のたこをぽっぽっと入れて、竹ひごでくるんくるん焼くだけや。

あっという間に出来上がり☆
ソースと青のりかつおぶしをまぶして完成。美味い!なっかなか美味しい☆

けど、なんか物足りないなぁ。
あ!ねぎなしや。あ!紅しょうがなしか!あ!てんかす入れるんやって!

次はスペシャルたこ焼きをつくろうっと☆

2014 京都紅葉散策

先日、お天気もよかったので京都まで行ってみました。

阪急河原町行きの特急で出発。烏丸で地下鉄に乗り換えて「蹴上駅」で下車します。
この「蹴上」という地名が以前より不思議だと思っていたのですが、由来として、昔、牛若丸がここらへんを通りかかったとき、平家の某の馬が、水溜りの水を牛若丸に「蹴上かけ」たことから争いになり、平家の某の一党9人を切り伏せたとも。

他にも、近くの九条山に処刑場があり、山を登り処刑場に行くのを渋る罪人を、役人が後ろから「蹴上げ」たとの説もあるそうです。

そんな蹴上駅を下車して、近くにある「琵琶湖疎水の通るレンガアーチ橋」を目指します。
ここは明治に京都の産業興隆を目的として、琵琶湖より疎水を引き発電所を建設するための水道橋があります。

画像 043

画像 034

ぶらぶらと散策してすぐ近くにある、紅葉の名所の一つ、「南禅寺」に向かいます。
画像 017

画像 008

この場所は数年前に訪れたことがありますが、絶景かな絶景かなでした。
画像 026

画像 020

画像 030

ぽくぽくのんびりと散策しました。
そこからまた、近くにある京都動物園に向かいます。

秋の京都競馬場

先日、ぶらっと京都競馬場まででかけてみました。

いつもは最寄り駅から北浜という駅まで出るのですが、今回は別ルートで出発。
阪急京都線で高槻まで出て、そこからバスを乗り継いで競馬場へ。

今回は勝負というより散歩がてらに
画像 061

画像 051

画像 057

土曜だったので観戦のお客さんはまばらだったけど、その分ゆっくり楽しみました。
画像 068

秋のひろいもの

自転車くんで服部緑地公園まで走ったよ。
木々の色づきも深まってきたね。足下にはどんぐりがいっぱい落ちてた。散歩中のおばちゃんと「これ食べれたらお腹一杯になるねぇ」と笑いました。

これから寒さとともに秋色も深まります。

天皇賞(秋)回顧

三連休中日は、東京は府中で秋の天皇賞が開かれました。

前日の土曜で資金を作っていたので、ちょっと余裕を持って迎えます。

さすがに秋の天皇賞。
出走馬も現役トップクラスが並びます。先週の菊花賞は穴馬から入ってヒモ抜けという結果だったので、ここは悔いのない勝負をしたいところ。

GⅠの予想スタイルとして、近走のレース振りをVTRで振り返ります。
そこで目立ったのが⑭マーティンボロ。特に前走の新潟記念は狭いところをこじ開けながら強烈な末脚。一気にメンバーが強くなりますがここは通用しないか。レースレベルでいえば毎日王冠でしょうか。ここを勝ったエアソミュールが回避したのは残念でしたが、3着に入った④スピルバーグは4角10番手から上がり33・2の末脚で惜敗。この馬も侮れない。

軸はやはり皐月賞馬⑮イスラボニータ。前走のオールカマーはレースレベル自体は低かったとはいえ楽勝の感あり。3歳、外枠と不安材料もありますが、馬券圏内を信じて軸に。

後は、実績断然の①ジェンテルドンナをどうするか。能力的には世界でも通用する名馬。ただ、前走の宝塚記念の大敗がどうも気になります。さすがに全盛期ほどではないと思うのですが、今回のメンバーならまだまだ上位。内枠の利を活かしてどこまで。

馬券は前述の菊花賞の二の舞を踏まぬよう、狙った馬を確実におさえます。

三連単⑭⑮2頭軸マルチ。三連複⑭⑮軸のフォーメーション

レースは4角手前でルメール騎乗の私本線の⑮イスラボニータが早めの捲くり。それに付いていくように⑭マーティンも上がる。直線向いてオレンジの帽子⑭⑮が並んだときは「貰った!」と一瞬歓喜。

しかし、府中の直線、残り200Mあたりで⑭マーティンボロは他馬と脚色が同じになって撃沈。さすが⑮イシラボニータは粘りに粘って3着確保。2着には府中ではやっぱり強い①ジェンテルドンナ。そして勝ったのは前走の毎日王冠で強烈な末脚を見せた④スピルバーグが、大外からすっ飛んできて豪快に差し切り勝ちでした

狙った三連単は外れましたが三連複でなんとか半返し。

菊花賞のリベンジとはなりませんでしたが、なかなかおもしろいレースでした

プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事