自暴自棄

10月一杯の閉店が9月一杯になった。

1ヶ月ぐらいだが、寿命が縮まったみたい。

寿命と言えば、うちのチーママだ。もともとアルコール依存性で大酒飲みだが、ここに来てその度合いが怖いほど飲み出した。

2年前には肝硬変からの静脈瘤破裂で緊急入院した。幸い軽度だったので大事には至らずに済んだ。医者からはアルコール断ちは無論、命の保証までできないと言われてた。

アルコール依存性は立派な病気である。本人の意思ではコントロールできないのだから。

あれから2年。肝硬変はレベル4まで進んだらしい。4とは、もう末期の数値だ。肝臓には影が数個あり、あまりにも肝臓が弱っているから手術もできない段階と言われたらしい。

肝臓のやっかいなのは、悪くなっても自覚症状があまりないとこである。多少の倦怠感はあるだろうが、本来がアルコール依存性からの進行だから、しんどくなったら飲むの繰り返しだ。
また細い身体では想像できないくらいの酒量に、こちらが怖くなる。止めろと叱っても心配だと情に訴えても彼女は止めない。

ぐでんぐでんになるまで飲み続け、「これで死んでも私が選んだ道だから…」と嘯く。

あっさり死ねたらいい。好きな酒で朝起きたらそのまま逝けたら本望だろう。そんな酒飲みは山ほど見てきた。

ただ、仕事がこんな形で終わりを迎え、それに対しての不安や悩みで煽り続ける姿は、あまりにも情けない。

言えるのは少し控えたら?と軽く促すだけだ。

まだ若いのに。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
こんにちは~♪
アルコール依存症から肝硬変になった人、私も見ましたが末期になると顔がどす黒くなります。
悲しい話ですが、院内レストランで一緒に食事をしてから一週間後に亡くなられました。
そんなふうにはなってほしくないですね~
  • 2013-08-30│18:23 |
  • まり姫 URL
  • [edit]
Re: No title
>まり姫さん
好きなお酒なら上手につきあっていけばいいんですがね。。
私も飲み過ぎないように気をつけたいと思います。
  • 2013-09-01│15:37 |
  • たっちん URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事