春テン 回顧

天皇賞(春)回顧

なんか今年の天皇賞も反省点の多いレースでした。

前日の土曜。
競馬の資金は2600円。暇もあってどうしてもやりたい。それも1Rから。
2600円なんて、前なら1R分にもならない金額やけど、とにかくやりたい。思惑ば天皇賞の資金になれば・・なんて。

コツリ、コツリと100円200円で的中を重ねて、一時期9800円ぐらいにまで資金が膨らんだ。
ここで止めないと。明日は日曜はビッグレースがあるんやから。当初はそれのはずだったけどなぁ・・。

欲が出て、ぼそりぼそりとやられる。
それでも最終的には7000円が残った。

これでとりあえず資金ができた」。

翌日。日曜。
メインの天皇賞に張るなら7000円あれば上等。が、1Rに手を出す。
一発目から1700円負け。次もドボン。あっという間に4600円まで資金が減ったわねえ。

「これでは・・」と早めに天皇賞買うことにしたよ。

2年前の145万馬券を寸前で獲り逃した経験から、ここも三連単で勝負したい。
いつもなら手を出さない「三連単」です。軸はウインバリアシオン。これが抜ければ諦めもつく。
ただ、資金的に少ないので1頭軸では馬券がまわらん。2頭軸ならなんとかいけるか。

相手には前走で復活の走りを見せたゴールドシップ。この馬、本来はあんまり好きじゃないがよね。
葦毛の色のせいもあるかもやけど、走りにシャープさがない。頭が高くてドタドタ走るイメージがあって。

ましてや京都。究極の瞬発力勝負なら凡走もありえる。けど、春の天皇賞は先行力があればなんとなる。
それに鞍上もウイリアムで心強い。突き抜けるかそれでも3着には先行粘ると読んだがね。

1番人気のキズナ。
これもあまり好きな馬じゃない。最後方からの一気差しは魅力的やけど、京都の3200で脚が残っているのか。
まあ、鞍上が武御大やから、そこらへんは考え尽くしているとは思うけど、ヒモまで。


怖いのは前走でウインバリアシオンに肉薄したホッコーヴレーヴ。人気はぜんぜんないけど、長距離戦は得意。
ここは穴というより本線ぐらいに狙いたい。



いつもなら、ウインバリアシオン1頭軸の三連複フォーメーションを組むところ。
軸ウイン・2段目に有力馬でホッコー・フェノーメノ・ゴルシ・キズナ。三段目に気になる馬を少し。

1-4-7ぐらいのフォーメーションで、いつもなら組むところ。資金的にも1点200円でもなんとな買えるしね。



やはりGⅠ。大きく儲けれればと欲がでるね。
ウイン・ゴールドからの2頭軸三連単マルチでいった。

スタート、ゲートであばれるゴールドシップ。どん!出遅れ最後方。

はい。終わり

結果は、昨年の覇者フェノーメノが連覇。2着3着は熾烈やったけど、狙った馬2頭で決着。

普通にいつものように三連複で組んでいれば7万の払い戻しがあったのにね。

毎年、春の天皇賞は思い出に残るレースでした


スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
こんにちは~♪
結局とられちゃったのですね^^
残念でした~
  • 2014-05-05│17:39 |
  • まり姫 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事