凱旋門賞 ダメじゃん

今年の凱旋門賞は、日本の馬にも大チャンスやったのになぁ。強いライバルが回避したり本調子じゃなかったり。

その表れが日本馬ハープスターが直前で一番人気。とにかく、このレースは最終コーナーで内よりの中団からのロングスパートがポイント。

日本馬3頭、全部ダメ。

横典のゴールドシップはいつもの後方ぽつん。ここで横典ぽつんするか?後方ぽつんてのは、横山ジョッキーが日本のレースでも馬に無理させずに最後方離れてぽつんとついていくレース。もともとズブいゴールドシップで最後方一気なんて通用するわけないのに、勝てるレースしないならフランスまで行くなよ!

ジャスタウェイも福永ジョッキー、消極的過ぎやわ。せめて中団まで押し上げて馬ごみに入れるなりせんと。この馬の強味は先行してバテない脚でしょ?多分20頭の多頭数で内の捌きを嫌って後方からのレース運びになったんやろうけど、そんな弱気じゃ絶対に勝てないよ。

期待のハープスターもしかり。
最後の脚は見せているんだから、もっと勝ちにいかないと。あんな後方で差し切れたら怪物やわ。

勝ったトレヴは2連覇。
昨年の凱旋門賞勝ちから今一つのレースぶりが続いていたけど、これで本当に怪物牝馬を証明したね。やっぱり、騎手が上手いもの。先団内目でじっくり脚を貯めて、最終コーナー、インから早めのスパートの仕掛けは人馬一体ですばらしい騎乗やったね。

日本の騎手であれが出来るのはやっぱり武豊しかおらんね。

今回は昨年のオルフェーヴルほど期待してなかったけど、あんな負け方は騎手の差やよ。

残念、、。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事