ソフトスキンプラモ

プラモデルにはソフトスキン(やわからい肌)とハードスキン(固い肌)と分類される物があります。
字のごとく、ハードスキンは戦車や装甲車などの弾を弾けるようなゴツイ車両に代表されます。

ソフトスキンは、ジープや軍用車両などの装甲がない部類です。
プラモデルを作り始めたときは、タイガー戦車やシャーマンなどハードスキン系が面白いと思ったけど、ソフトスキン系も小さくてちまちま作るのが楽しいんですな。ここ最近は、ずっと兵隊のフィギアに夢中でしたが、久しぶりにこれを作っています。

アメリカの軍用車両の代表がJEEPなら、ドイツ軍の軍用車両の代表はキューベルワーゲン。
1938年から終戦までに5万1000台が生産され、あらゆる戦場でドイツ兵の足として活躍した名車です。

ウイリスジープに比べると、少しシンプルな言い方を変えれば、簡素な造りにも感じますが、そこが故障も少なく活用された理由でしょう。

これを完成させて、先につくったタイガー戦車とドイツ軍機甲師団のフィギアと並べてみたいと思います。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事