仏花

昨日、仕事に行く途中。駅ビルの中にある花屋さんの前を通った。

自分が小さい頃、母親が小さな花屋をやっていた時、遊びに行ったときの懐かしい香りが鼻先を掠めて振り向かせた。

そこにあったのは、「墓花」と書かれた小さな仏花。梅田のど真ん中にある商業ビルの花屋に似つかわしくない花。

そういえば、母親の命日が6月だったなぁなどと思い出す。もうかれこれ30年以上前になる。

あまりの年月に供養することもなかったが、今年は花でもと思いつつ店前を過ぎ去る。

それにしても、いつも通らないビル中の通りを歩き花の香りと仏花。

その日の夜中。
田舎の親戚からメールが入る。行方不明になっていた従兄弟が千葉で見つかり、すでに亡くなっていたそうだ。明日、遺骨が帰ってくるので供養すると。

そう言うことだったんだとひとり納得した。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事