ご学友

昨日、新規のお客様がきてくれた。新しい人というのは、店側の者にとっても緊張するね。
最近入った女の子の紹介なのだが、一発目の印象が大事だ!とかなんとか、一人でぶつぶつ考えながらお迎えする。

至って普通のサラリーマンって感じ。いろいろ話しているうちに面白い人だと盛り上がる。
ただ、どことなく品があるというかガサツな感じが全くない。まあ、それはのちに解ったけどね。

話の流れで、その方のお父さんが昔、読売ジャイアンツのある役職についていらっしゃったこと。
その関係で子供のころから、長嶋の家や王の家に遊びにいっていたこと。

自分はアンチですけどなんて笑ってる。長嶋世代でも王世代でもないけど、なんだかジャイアンツファンなら面白い話が次々と出る。

ご自身はなにかスポーツやってたんですかと訊ねる。大人しそうな感じだが肩幅が普通じゃない。

僕はアーチェリーをやってました。なんて話に。オリンピックの話、アーチェリーの話で盛り上がります。

何気に、その方の話の中で、「僕が学習院のときの大会で・・」と。学習院?っと話が止まります。
そこから、一般下層階級の私などは、興味深々で根掘り葉掘り聞いていくと。

皇太子徳仁親王 浩宮さんの同級生でしたww。

ご学友だったんですか!?と聞くと、「僕は準ご学友かなあ」なんて。ご学友と呼ばれるには、徹底的な身辺調査があって数人しか選ばれない、呼ばれないってことらしい。それでも、アーチェリーに誘ったときの話とか、一緒に歴史研究会で何度も旅行に行った話とか、行く先々で小旗をもった人たちに迎えられたとか。その他にも、皇室の内情のおもしろ話とか、浩宮さんの馬鹿話(失礼)とか。

ここには書けない話もたくさん聞けました。
あーおもしろかった。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事