予備診察

たまさんの発情期がきています。知人からは早く病院にいって処置した方がいいと何度も言われていました。

それでも人間のエゴで生き物として繁殖能力を奪ってしまうのはとても辛い。
ゴロゴロ、ニャオンニャオンとライオンのように鳴いても我慢すればいい。

ペット禁止のマンションなのでそのうちバレたら引っ越せばいい。

そんな人間の勝手な都合で先伸ばししてきたけど、たまさんがつらそうなんです。呼べども呼べども雄はいません。私の姿が少し見えなくなるとウォーンウォーンと鳴き叫びます。そして。

ちびっこの時から一回も粗相のなかったトイレ。それがあちこちで粗相します。

ストレスと不安とでふらふらになっています。そして、そのうち自分もストレスでノイローゼのようになっていきます。

決心して病院へ。
今日は予備診察。不安そうなたまさん。


ゲージの中で小さく縮こまっています。
診察台に乗せても抱きついて離れません。ワクチン注射と体重測定をして終了。明日には手術です。

胸が苦しくなるぐらい自分が不安です。

たまさんがんばって。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事