FC2ブログ

たまさんの猫助け

愛猫家のお客さんから連絡が。

「助けて欲しい・・至急連絡ください」

なんだろうと電話するとその方の愛猫が病気でやばいとのこと。
緊急に輸血しないといけないので、たまさんの血液を使いたいと。

すぐに準備して迎えを待つ。猫のキャリーバックに入れると普段鳴かないたまさんが喚き鳴きします。
おしっこも漏らしてパニック状態。

血液の適合検査でなんとか使えるだろうとのことで、輸血に入ります。

まあ、たまさんにとってはえらい迷惑な話ですが仕方ない。

がんばってたまさん。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事