第141回 天皇賞(春)3200m 京都

長距離重賞の最高峰、春の天皇賞が行われました。

主役級の馬が相次いで回避する中、混戦模様を制したのは、前走ブエナビスタと互角の叩き合いを演じたジャガーメイルでした。早めに抜け出しを図る昨年の覇者マイネルキッツ。直線半ばまでは連覇かと思わせる走りでしたが、外目から33秒台の脚をコンスタントに使えるジャガーが強襲。並ぶまもなく抜き去ると、そのままゴール板を駆け抜けました。
馬券はドボン
1番人気のフォゲッダブルは、臨戦過程を嫌ってヒモに。代わりに軸に据えたのは、京都のコースと鞍上、そして悲願の春天制覇を狙ったトウカイトリック。年明けの万葉ステークス、前走の阪神大賞典でも結果を残して挑んだのですが、4角で不利を受けて失速。もう一頭、期待していたジャミールも弾けることなく沈みました。

3着にメイショウドンタクが入って高配当。

土日の競馬は惨敗に終わりましたww。


投資額3600円 回収0円。 
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事