疲れが抜けない

疲労感が抜けません

あまりの倦怠感にネットで調べたぐらいです。内臓疾患、特に肝臓からきていたら大変です。

その前に、自分の日常生活を振り返ってみました。

睡眠時間は平均5時間。別に時間を取れないのではなく、それぐらいで目が覚めると2度寝ができない体質なんです。
仕事内容は力仕事でもないのですが、立ちっぱなしで8時間~9時間。その間の休憩がありません。人前で背筋を伸ばした緊張状態が続く仕事で、その間に酒が入ります。酒が飲める仕事なんていいと感じるかもしれませんが、見知らぬ人に最大限に気を使いながら飲む酒は、本来の酒ではありません。単なるアルコールであります。

そんな時間が終わると仕事の段取りを考えます。
あーだこーだと2時間ぐらい考えます。そこから軽く酔った状態で40分かけて自転車で帰宅します。
夕方の6時から10時間近く食事を摂ってないので、空腹を通り越して目まいがするほどです。ネクタイを外すのももどかしくヤカンでお湯を沸かします。そして10時間ぶりにありつく食事は「カップヌードル」であります。

そこから汚いのですが、風呂に入る元気もありません。着替えて横になれば3分で寝てしまいます。
しかし疲れが酷いときは2時間ほどで目が覚めるので、安定剤を服用して一気に睡眠時間を確保します。

そして目が覚めるとなんとも形容しがたいダルさ。倦怠感。
背中から肩にかけての筋肉痛。太ももから腰のダルさ。ダルさ。ダルさ

こうやって字に起こして自分の生活を振り返ると「疲れなんて取れるわけがありませんな」。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
どんな過酷な労働条件でも磨り減って体を壊したり、精神を病んだりしないためには「正義感」と「仲間との連帯感」が必要です。
自分だけの欲得が動機では孤独の淵で疲れ果てて倒れてしまうのです。
独りではないという意識を養うことが大事です。その点、子や家族の為というのは救いがあります。たとえ法を犯しても正義漢のように振舞うことも。
自分だけの欲得の部分に公共の色付けを行うことで、疲労感を乗り切ることもできますから、志を高く保って環境に負けないようにしてくださいね。
独りではないですからね。
No title
あ~同じ同じ!
うちもすっごい倦怠感で毎日しんどくて目覚めてもしんどくて
何がいけないのかわからないし風邪の症状も全然ないんやけど
今日職場にある風邪薬を試しに飲んでみたら少しラクになりましたw

実は風邪ひいてるのかしら??

ダイエットも少しお休みしてカロリー重視でガツガツ食べるようにしてます。

てか思ったんですが自転車で帰る途中にご飯屋さんはないのですか?
最近では24時間あいてるとこも多いし・・・。
カップヌードルが続くとカラダが壊れるだけなのでご自愛下さいませ・・・。
  • 2010-05-12│01:08 |
  • ちゃいな URL
  • [edit]
No title
たっちんさんこんにちは☆
勤務時間が昼夜逆転してるから、体内時計がときどきくるうのかもしれませんね~
人間、長時間立ちっぱなしというのもよくないですものね。
疲れが抜けないのは色々な要素が絡み合っているんじゃありませんか?
もちろんアルコールを毎日取ってる(少量でも)ことも肝臓の負担は大きいと思います。
γ-GTPの数値が高いと疲労・倦怠感があるそうですよ。
ひどくならないうちに病院で検査しておいたほうがいいと思います。
  • 2010-05-12│14:15 |
  • まり姫 URL
  • [edit]
Re:たぐさん
>たぐさん、コメントありがとうございます。
働くことの動機付けとして喰っていくだけで、は立ち止まりの時間が多くなってしまいますね。何かの為に、喰わしていく為に、誰かの為に膝を折ることができればいいのかもしれません。
  • 2010-05-12│15:57 |
  • タッチン URL
  • [edit]
Re:ちゃいなさん
>ちゃいなさんコメントありがとうございます。
ちゃいなさんも体調管理に苦労されているようですねえ。
生活が不摂生なパターンが続いているので、大きく改善しなくてはと思っています。

自転車帰宅の途中に、「吉野家」とか「松屋」とかあるのですが、明け方近くと空腹と飲酒がまじって、重たいものを受け付けないんですよねえww。って、カップヌードルもどうかと思いますが、食事管理も徹底したいと思いますw。
  • 2010-05-12│16:02 |
  • タッチン URL
  • [edit]
Re:まり姫さん
>まり姫さんコメントありがとうございます。
ここ3年ほどの昼間の生活から、真逆の生活リズムになってしまったので、体内時計が狂っていますね。労働時間が長くても、途中で休憩を挟めればいいのですが、息を抜く時間がないのが応えます。

ここ数年、病院検査など行っていませんが、体調に気を使う年齢になってきたので、機会をみていってみようと思います。ありがとうです。
  • 2010-05-12│16:06 |
  • タッチン URL
  • [edit]
No title
迷わず愛した者の方が幸せですからね。
あとからどっと疲れが出る場合も多いですけどw、
ま、そういうのは愛が足りないということなのでしょう。

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事