続 大地震

続々と流れる被災地の情報。

続々というより 垂れ流しの悲惨な映像を見ていると精神的におかしくなった。

夜。ウトウトしていうると自覚していない何か解らない不安心に襲われた。

閉じた瞼の裏側に 濁流に呑まれる家屋と呆然と眺める被災した人の顔。どこからともなく漏れ聞こえるすすり泣く声。津波が引いた荒野をトボトボと歩く人の影。

直接的に感じ得ないはずなのに 心臓が高鳴り得もいわらぬ恐怖心と不安心に襲われた。

涙が止まらない。その涙は悲しみとか哀れな思いの涙ではない。

ただ 茫々と心の中に広がる不安心からなのか とにかく涙が流れて不安になった。

心的外傷とはこんな状態をいうのだろう。

とっさに安定剤を口に入れる。テレビを消して蒲団を被った。


大阪の都市機能を 臨海地域に移設する構想がある。

遠く離れた東北の地震で 臨海地帯にある大阪の高層庁舎ビルはあちこちに亀裂を生じていた。

宮城の空港が津波に呑まれる映像と 関空が水没して機能を消失する映像が重なる。

政治機能が麻痺することと 災害救助の機能がどのようにリンクするかは理解し得ないが とてもリスクが高いことは確かだと思う。

阪神大震災のときは 高知から映画のワンシーンのように映像を眺めていた。震災から3ヶ月後に神戸に復興支援と称して仕事に行ったことがある。震災から3ヶ月たっても家屋は傾き 道路は寸断され、高速道路は倒れた脚を残して手付かず常態だった。高台から望む神戸市内は 悲しい花のように ブルーシートが咲き乱れていた。

天災とは突然やってくる。災害に対する備えに万全などは有り得ない。

一部地域の悲惨な物語なのではない。週明けからの日本経済の混乱は数ヶ月続くだろう。

阪神大震災の経済への影響は半年近く続いた。今回の震災での影響はどれくらいかかるのか。

戦後 焼け野原の日本は 信じられない回復力で復興した。それはマンパワーの成し得る奇跡以外ない。

とにかくライフラインの復興を優先しつつ たるんだ我々日本人が総力を上げて助け合う懸命さが必要だろう。



スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
そのとおりだと思いますね。
今回の大地震の規模はかつてない広範囲に被害をもたらしています。
日本中が協力しないと立ち直れないでしょう。
腹が立つのは、こんなときに経団連が消費税の増税を早く10%にしろって発表したこと!!
今はそれどころじゃないと思うんですけどね~
惨憺たる状況のときに、大企業だけは儲けしか頭にないのかと思います。
  • 2011-03-13│19:32 |
  • まり姫 URL
  • [edit]
No title
こんばんは。
何かいろいろ伝えたかったのですが
言葉にならない感じでした。

タッチンさんのココロを優先してくださいね・・・。
  • 2011-03-14│02:36 |
  • ちゃいな URL
  • [edit]
Re:まり姫さん
>コメントありがとうございます。
日本経済が底を着いたどころか借金大国になっている状態で、補正予算をどのように組んでいくのか注視するところでしょうね。
今は全力で助け合い、いち早い復興を願うしかありません。
  • 2011-03-14│12:18 |
  • たっちん URL
  • [edit]
Re:ちゃいなさん
>コメントありがとうございます。
心遣いのお言葉、ありがとう。
只ただ、テレビの映像を見る状態で精神的にまいってしまうのですから、直接的な被災者の方々の心情は推し量ることもできません。
とにかく早く復興することを祈るばかりです。
  • 2011-03-14│12:20 |
  • たっちん URL
  • [edit]
壮絶なる状況ですね
これだけ嫌というほど被災地の映像や情報を見ていると不安に襲われてしまうという気持ちは分かります。

私は、もし首都圏でこの規模のことが起こったらどうなってしまうのだろう、と想像してシュミレートしながら冷静にニュースを見ています。

いつ自分の所で現実なるかもしれない大災害に目をそむけず、自分ならどうするだろう、どうできるだろうと考えています。

直接手助けができない私は、せめて自分のブログからメッセージを発することで、闇の中にいる方々に想いが届けばいいなと思って、やれるだけのことをやっているつもりです(実際に被災地の方で私のブログを見ていただいている方がいらっしゃればの話ですが・・・)。
Re:かっちんさん
>コメントありがとうございます。
想像を絶する光景を間接的に見ていると、精神的に不安定になってしまいました。

おっしゃる通り、今自分が何が出来るのか。しっかり向き合うことも大事だと思います。
決して対岸の火事ではないのですから。。
  • 2011-03-15│13:23 |
  • たっちん URL
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事