竜馬がゆく

司馬先生の「竜馬がゆく」読み終えました。

司馬遼太郎の本は 結構好きで読んでいましたが、「竜馬がゆく」は手付かずだったんです。

中学生ぐらいのとき、兄貴の影響で手にして早ウン10年。。。

一回目は10ページぐらいで投げ捨て。

2回目は「立志編」の半分も届かずで投げ捨て。


そんな「司馬竜馬」に会いにいこうと、単行本を手に取ってみました。

相変わらず、読みにくい漢字は飛ばし飛ばし読みましたが、よかった。

自身、高知に生まれ、同郷にこれほどの人物が出ていたこと知らなかった自分に、今更ながら恥じ入る次第です。


幕末の動乱。風雲児、快男児、数多の草莽の志士が沸き起こる時代。

そんな時代に 天がつかわしたとしか思えない

坂本竜馬」。

今一度、読後の挨拶に京都まで会いに行ってこようと思います。

竜馬がゆく 全8巻セット (新装版) (文春文庫)竜馬がゆく 全8巻セット (新装版) (文春文庫)
(2010/07/15)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
たっちんさんこんにちは☆

土佐出身者なので、とっくに読んでらっしゃると思ってましたよ(笑)
功名が辻はどうでもいいですが、竜馬さんだけはたっちんさんの誇りにしてもらいたいですね(。^p〇q^。)プッ
ついでに中岡慎太郎や板垣退助も^^
  • 2011-09-20│16:36 |
  • まり姫 URL
  • [edit]
Re:まり姫さん
>コメントありがとうございます。
他の司馬作品は大体読んでいたのですが、「竜馬がゆく」は今頃になってしまいましたww。

これを機会に、中岡さんや武市先生の本も読んでみようと思います。
  • 2011-09-20│17:38 |
  • たっちん URL│
  • [edit]
No title
たっちんさんこんにちは☆

今日もお馬さんでしたか~?(@´゚艸`)ウフウフ
  • 2011-09-24│16:20 |
  • まり姫 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事