盛者必衰

リビアの絶対的権力者 カダフィさんが死んだらしい。

フセインさんも ルーマニアのチャウシェスクさんも惨たらしい死に様であった。


仏教的な考え方では 人の死に様はあまり意味がなく その生き様に重きを置く。

麻原ショウコウなんて 外国なら引きずりだされて 靴でボコボコやられないといけない。


数ヶ月前まで世界の中心のような利己的な絶対権力者達は その最後にあがなった代償として暗闇に放り出された。

そうなのであろう。

運命論者的な考えはないが 人は自分の道が途切れたとき そっと受け入れる心構えがないと目を覆う最後を迎えてしまうのだろう。

盛者必衰の言葉が 彼らの生き様に重なる。



スポンサーサイト

Trackback

Comment

ご無沙汰してました(*^_^*)
たっちんさんこんばんは☆

先日はご心配のコメントありがとうございました^^
今日から記事の再開をはじめました^^
またよろしくお願いしますσ(゚ー^*)
  • 2011-10-23│19:49 |
  • まり姫 URL
  • [edit]
No title
たっちんさんこんにちは☆

独裁者の末路は思想や宗教に関係なく世界共通のようですね~
ただリビアの場合は米英仏の利権がらみだったこともあり、これから先まだ混乱が続くでしょうね。
独裁者が滅ぶのが必然というのは歴史を振り返っても当然の帰結でしょう。
  • 2011-10-25│15:47 |
  • まり姫 URL
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事