2年ぶりの帰省

先日、約2年ぶりに高知へ帰省しました。
大阪の姉の身内が高知へお墓参りに行くというので便乗さしてもらいました。

車で約4時間。そのままお墓参りへ。
高知にも身内はいるのですが、誰も訪れていないのでしょう。墓周りは草が結構生えています。
汗を流しながらみんなで草むしり。あっというまに奇麗になります。

2年ぶりに手を合わせてみんなを見守ってあげてくださいとつぶやきます。

そのまま大阪組と別れて、高知の親戚の家へ。
相変わらず自堕落な生活を続けているいとこと色々話をしますが、なんの変化もない、いいかえれば田舎の話です。

昼間っから酒を飲む習慣などないのですが、勧められるがままにビールを飲みます。
焼き肉をおごってくれると言ってくれますが、当方は歯が痛くて肉どころではありません。

そのまま地元から高知市内へタクシーで出て、兄貴と合流。
その後、唯一の友達にも連絡して少し飲みました。

次の日は朝一で高知駅へ。別に観光する気にもならず。とにかく帰りたい。
大阪へ帰る。お盆休み中なので切符がない。バスで帰ろうかと思っていましたが売り切れ。万席。

JRで本日、一枚だけ余っていますとのことで購入。

高知から特急で岡山へ。そこから新幹線で大阪まで。

たまさんははじめてのお留守番。一日と半日でしたが、さみしそうに駆け寄ってきました。

あー。。やっぱり我が家が落ち着くね。

ここにおったかー

1ヶ月ほど前に新しくグッピーを2ペア仲間にと購入。

それから1週間ほどして水槽をみると一匹メスのグッピーさんがいません。
よく水槽から飛び出して☆になっていたので今は自作の蓋をしております。結構水草が茂ってきたので奥に隠れているかと思っていましたが、25センチ水槽。そんなに隠れる場所はありません。

これは☆になってえびやんが・・・。と諦めていました。

それから3週間あまり。
水槽の水替えでもしてやろうとちょこちょこしていると、水槽の上部フィルターのすき間で何か動いている。

「あれ?!」

いました。フィルターのすき間でたたずんでいます。人間でいえば3畳ぐらいの部屋にずっと閉じ込められていたようなものです。
そこは水が流れ込む場所なので、常に水流があって、それよりなにより、エサが届きません。

そう。断食状態で3週間あまり居たことになります。
慌てて救出します。すぐに水槽に戻すと元気に泳いでいます。

エサを入れてやるとパクパク食べます。そりゃあお腹もすいていたろうね。
早く気づいてやればよかったね。ごめんごめん。
sakana

あー、ちょっとしたハプニング&サプライズ的によかったよかった。







抜糸

たまさんが今日抜糸しました。

この一週間、サポーターのようなもので傷口をおおっていたのでずっとうずくまっていました。

きれい好きのたまさんは、毛繕いもできなかったのでペロペロと一心にお手入れ。

まだあと少し安静にお医者さんに言われましたが、うれしそうにパタパタと走っています。

少しはしゃぎすぎて疲れてしまいました。

腰が痛い・・・。

金曜。朝から妙に腰が重い。

そのうち痛みに変わってぎっくり腰のように痛みます。

ロキソニンテープを貼って様子を見ていましたが、二日たってもまだ痛い。

腰が痛いとなにをするにも億劫になります。
ちょっと疲れがたまっているようです。

たまさん帰ってきました

午前中に病院へ。
お医者さんに簡単な説明を受けて預けます。

今まで子猫のときからうちにきて一回も外に出たことのないたまさん。
人に会ったこともありません。

心配と不安で一杯になりながら一時帰宅。

夕方。
病院へ迎えにいきます。
無事に終えたことを聞いて奥の部屋へ。隅のゲージにいるので出してあげてくださいと。
そっと覗くと包帯に巻かれたたまさん。じっとうずくまっています。

「たまさん」
呼びかけると麻酔の抜けきらない虚ろな目でこちらをみます。

「たまさん帰ろ」
抱きかかえると弱弱しく鳴きます。こちらまで泣きそうになります。

「また一週間後に抜糸をするので来てください」
先生にお礼をいって帰宅します。

まだフラフラとおぼつかない脚で歩こうとします。

もう少し。もう少しすれば元気になるから。たまさんがんばれ。

プロフィール

たっちん

Author:たっちん
高知で生まれ育ち、今は大阪で風来坊です。
日常で感じたことや、思ったことを綴りたいと思います。自転車でポタリング,ポケットに入れたデジカメで何気ないものを撮るのが楽しみです。

こんな私ですがよろしくお願いします。

ちなみに「ご冗談でしょう、タッチンさん」は、「ファインマンさん」からのパクリは言うまでもありませんww。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新記事